ユーアールエヌ

URN

英語
Uniform Resource Name(ユニフォームリソースネーム)
ひとこと解説
インターネット上のファイルを識別するためにつけられる名前

URN(Uniform Resource Name)は、ホームページのウェブページひとつひとつに付けられる名前のようなもの。

それだけに与えられている名前といった感じで、ケーキと言えば甘くて美味しいお菓子を思い浮かべますよね。厳密に言うとかぶってはいけないため、本のISBN(国際標準図書番号)や社員番号などがこれにあたります。

URLとほぼ変わりませんが、URNはウェブページにつけられる名前と覚えておきましょう。

考えているパポのアイコン
パポ

URLの名前バージョンってこと?

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

そう!URLとURNをまとめてURIという呼び方をするわ。

意味:URNとはWeb上のファイルにつける重複しない名前のこと

インターネットでホームページにアクセスする時はURLを入力しますね。

URLはインターネット上のホームページやファイルの住所のようなものです。それに対してURNはインターネット上に公開されているファイルの名前です。

唯一無二なファイル名がついていれば、名前を入力すればそのホームページやファイルを呼び出すことができるわけです。

イメージしてみよう

「東京都港区芝公園4丁目2-8」にある東京タワーにたとえてみましょう。

「東京都港区芝公園4丁目2-8」は住所ですね。これはURLにあたります。
「東京タワー」は名前です。これがURNです。

「東京タワー待ち合わせね!」といったら伝わりますね。このようにインターネットでもファイルにオンリーワンな名前がついていれば、名前でアクセスすることができるのです。

とはいってもインターネットでファイルにアクセスする時はURLが主に使われているので、あまりURNを使うことはないでしょう。