ルータ

ルータ

英語
Router
別名
ブロードバンドルーター
ひとこと解説
異なるネットワークをつなぐ機械

ルータは、ネットワークとネットワークがちゃんとつながるように通信ルートという道案内をしたり交通整理をしてくれる存在です。

どこかのホームページに行きたい時などインターネットにつないで見に行きますよね。

自分の家庭用パソコンが出発地であり、ホームページが目的地、そこまでの道をこっそりナビゲートしてくれているのがルータのお仕事です。

 

papo-think-icon-r.png
パポ

インターネットって何気なく使ってたけど、ルータという黒子さんが裏で色々やってくれているのね

ururu-normal-icon.png
ウルルちゃん

どの家庭にも置いてあるルーターだけど中身を知ると結構面白いでしょ?

意味:ルータとはネットワークにおけるデータ転送の交通整理員

ルータは、異なるネットワーク同士をつなぐ機械で、ネットワーク界の交通整理員さんです。その名の通り通信ルート(Route)という道を案内するモノ(er)ということでRouterと呼ばれています。

家を出発地、ホームページを目的地とざっくりとした説明をしましたが、ローカルネットワーク(家)⇒インターネット(目的地)という風に違うネットワーク同士をつなぐ仕事をしているのがルータです。ネットという仮想世界でどんなルートを通ってデータを送受信したらいいかという判断をしています。

交通整理員とルータを例えましたが、複数の端末のデータの流れを整理してネットをスムーズにしてくれます。スマホやパソコンを家族みんなでインターネットにつなげているのはごく普通のことかと思います。もし、ムフフなサイトを見ていて、お母さんの方にもそんなデータが転送されていたら困りますよね。

ルータがないのは信号のない交差点のようなものです。とってもカオスです。