ポップ

POP

英語
Post Office Protocol
ひとこと解説
メールを受信するための通信規約。

POPは、メールを受信するための通信ルールです。

メールをメールサーバからダウンロードし、自分のパソコンで保存・管理します。

これは郵便局にユーザーが手紙を取りに行って家で読むとイメージするとわかりやすいです。

正式名称は、Post Ofiice Protocol(ポスト・オフィス・プロトコル)。ポスト・オフィスは郵便局の意味で、プロトコルは、通信する上でのルール(通信規約)のこと。

現在はバージョンアップしたPOP3が使用されています。

papo-inspiration-icon-r.png
パポ

うーんなるほど!郵便局にたとえるとすごくわかりやすいね!

ururu-normal-icon.png
ウルルちゃん

IMAPという、自分のパソコンにはダウンロードせずにメールサーバ上でメールを管理するプロトコルもあるから、合わせて覚えておいてね。

意味:POPはメールを受信するプロトコル

POP

メールは一度、メールサーバというところに届きます。それからメールソフトを使って、メールサーバからメールを自分のパソコンに取り込みます。

この時、通信規約として使われるのがPOPというルールです。

郵便局が受け取っておいてくれた手紙をユーザーが取りに行くことに似ているため、このような名前がつけられたといわれています。

POPとIMAPの違いはなに?

POP

POPはメールサーバから自分のパソコンにメールをダウンロードすると、メールサーバ内のメールは削除されます。(一定期間残しておく設定もできる)

郵便局で手紙を受け取り、家に持ち帰ったら、郵便局には手紙が残らないことと同じです。「自分の手紙は持ち帰って、自分で整理して管理してくださいよ」ということです。

一方IMAPでは、メールサーバ内にあるメールを読みに行きます。

現実では考えにくいですが、郵便局に行って私書箱に入っている手紙を立ち読みして、そのまま置いて帰ってくるようなものです。

つまり、IMAPでは、メールはメールサーバが管理してくれるというわけです。

  • POPダウンロードしたらメールサーバ内のメールは消える。メールは自分のパソコンで管理する。
  • IMAPメールサーバにメールが残る。メールはサーバが管理してくれる。

POPのメリット・デメリット

POP

POPのメリット・デメリットは、IMAPと反対関係にあるので一緒に覚えましょう。

メリット

POPは自分のパソコンにメールを取り込むので、インターネット接続がなかったり、不安定なところでも、ダウンロードしたメールを見ることができます。

また、POPは自分のパソコンの容量が許す限り、メールを保存しておくことができます。

反対に、メールサーバ内にメールを見に行くIMAPでは、インターネット接続がなければ見たり削除することができませんし、メールサーバ内がメールでいっぱいになったら不要なメールを消していく必要があります。

デメリット

パソコンの中にメールをダウンロードして保管するので、複数のパソコンやスマホでメールを見たい場合は向いていません。1つのパソコンでのみ、メールを管理することになります。

また、パソコンの容量がメールによっていっぱいになっていくこともデメリットになり得ます。

複数のパソコンやスマホでメールを見たり削除したりしたい場合は、IMAPがおすすめです。

POPのバージョン

現在はPOP3が使われていて、POPというよりPOP3を目にすることの方が多いと思います。

POP3はPOPのバージョン3という意味です。

POP3ではポート番号110番を使うので覚えておきましょう。

まとめ

  • POPはメールを受信する通信規約
  • メールサーバからメールをダウンロードして、自分のパソコンでメールを管理・閲覧する
  • 現在はPOP3が使われている
  • POP3はポート番号110を使用する
papo-down-icon-r.png
パポ

最後らへんちょっと難しかったなあ…

ururu-wink-icon-l.png
ウルルちゃん

IMAPとかSMTPとか、メールのプロトコルはいろいろあるからこんがらがっちゃうのよね。でも日常生活でも使うし、ITの試験でも高確率で出てくるからしっかり覚えてね。