ナット

NAT

英語
Network Address Translation(ネットワーク・アドレス・トランスレーション)
別名
ネットワークアドレス変換
ひとこと解説
1つのグローバルIPアドレスと1つのプライベートIPアドレスを変換する技術。

NATは、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを紐付けて変換する、ざっくり言うと外と家をつなげるドアのようなものです。

NATはナットと読みNetwork address Translationの略で、IPアドレスを変換する技術のこと。

インターネットではプライベートIPアドレスグローバルIPアドレスを変換してくれています。

考えているパポのアイコン
パポ

なんで変換する必要があるの?

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

プライベートIPアドレスではインターネットに接続できないからよ。くわしくはプライベートIPアドレスのページをチェックしてみてね。

意味:NATとはネットにつなぐことができる技術

NAT

NATはNetwork Address Translation(ネットワーク・アドレス・トランスレーション)の略で、日本語で訳すと「ネットワークアドレス変換」になります。

その名の通りアドレス変換をする技術のことで、インターネットの世界では、「プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを変換する技術」のことを指しています。

プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスのことを少しおさらいすると、グローバルIPアドレスは「インターネット接続するための世界で通用するIPアドレス」で、プライベートIPアドレスは「インターネットとは関係ない、仲間の中だけで通用するIPアドレス」です。

  • グローバルIPアドレスインターネット接続に必要なそれぞれ重複のない世界でそれぞれたった1つのIPアドレス
  • プライベートIPアドレスインターネットとは関係ない仲間内のネットワークでのみ通用するIPアドレス

プライベートIPアドレスは仲間内のネットワークでのみ通用するIPアドレスのため、インターネットに接続できません。なのでインターネットに接続する場合は、グローバルIPアドレスに変換する必要があります。その変換技術がNATというわけです。

private-ip2.png

ルーターがNATの機能を持っていて、インターネット接続の時に変換してくれています。

NATは1対1のIPアドレス変換

NAT

NATは1対1でのIPアドレス変換です。

1つのプライベートIPアドレスと1つのグローバルIPアドレスを変換します。つまりインターネットに接続できるのは1台のコンピュータのみ。

NATでは、1つのグローバルIPアドレスで複数のプライベートIPアドレスを変換させることはできません。もし他のコンピュータがインターネット接続したいなら、そのグローバルIPアドレスを使っているコンピュータをどかしてから接続します。

1つのグローバルIPアドレスで複数のIPアドレスを変換する技術はNAPTという技術です。家庭内で複数のパソコンをインターネットにつなげていたら、それはNAPTです。

NAPTが主流になっているのでNAPTのことをNATと呼ぶようになっていますが、本来は別の技術なので覚えておきましょう。

まとめ

  • NAT(Network Address translation)は、IPアドレスを変換する技術。
  • NATでは1つのグローバルIPアドレスと1つのプライベートIPアドレスを変換する。複数はできない。
  • 1つのグローバルIPアドレスと複数のプライベートIPアドレスを変換する技術はNAPTという。
papo-think-icon-r.png
パポ

なるほど。NATとNAPTはこんがらがりそうだね…

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

そうね。現在はNAPTが主流だからNAPTのことをNATだと思っている人も多いわ。IT資格の試験ではよく出るから要チェック!