ナプト

NAPT

英語
Network Address Port Translation
別名
IPマスカレード
ひとこと解説
1つのグローバルIPアドレスで複数のプライベートIPアドレスを変換できる技術。

NAPTは、1つのグローバルIPアドレスとたくさんのプライベートIPアドレスを紐付けることができ、ざっくり言うと外と家をつなげるドアからみんな一気に出れるという感じ。

NAPTはナプトと読みNetwork Address Port Translation(ネットワーク・アドレス・ポート・トランスレーション)の略で、IPマスカレードとよく呼ばれます。

プライベートIPアドレスだけでなくポート番号も変換することで、1つのグローバルIPアドレスで複数のコンピュータがインターネット接続できる技術です。

考えているパポのアイコン
パポ

NATとかNAPTとかよくわからないなあ。

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

NAPTはNATのパワーアップバージョンよ。

IPマスカレードと呼ばれることが多いから覚えておいくといいわ。

意味:NAPTとは多くの端末をネットにつなげられる技術

NAPT

NAPTは、NATのパワーアップバージョンです。

NATでは、1つのグローバルIPアドレスに対して1つのプライベートIPアドレスしか変換できません。つまりインターネットに接続できるのはコンピュータ1台だけです。

もし他のコンピュータがインターネット接続したいなら、そのグローバルIPアドレスを使っているコンピュータをどかしてから接続することになります。

これに対してNAPTでは、1つのグローバルIPアドレスで複数のコンピュータがインターネットに接続することができます。

NATの弱点

nat

NATではプライベートIPアドレスのみ変換するので、仕組み上1対1の変換しかできません。

たとえば、コンピュータAコンピュータBがあったとします。

インターネットを通じて、Webサーバから返答が返ってきた時に、ルーターがグローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスに変換します。

この時、どちらのコンピュータあての返答かわからないのです。

nat-weak.png

これがNATの弱点です。

NAPTではポート番号も変換

napt2.png

NAPTはプライベートIPアドレスだけでなく、ポート番号も変換します。これによって複数のコンピュータをインターネットに同時接続することができています。

ポートとは、ネットワークからコンピュータにおじゃまするドアのようなもので、ポート番号はそのドアに割当てられている番号だと思ってください。

たとえば、ポート番号が2001のコンピュータAとコンピュータBでWebサーバへアクセスしようとします。

ルーターで、プライベートIPアドレスはグローバルIPアドレスに変換され、ポート番号も変換されます。ここではコンピュータAが5001、コンピュータBが5002に変換されたとします。

napt1_0.png

この時、ルーターは変換テーブルというところにデータを記録しておきます。

ルーターによって変換されたIPアドレスとポート番号は、送信元データとしてあて先のWebサーバへ届きます。

napt3.png

Webサーバはこのデータを見て、「グローバルIPアドレスが121.90.21.110で、ポート番号が2001のあて先に返答すればいいのね」と判断できるのです。

napt4.png

Webサーバから送られてきたデータはルーターに届きます。ルーターはポート番号を手がかりとしてグローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに変換します。

napt5.png

ポート番号が5001ならコンピュータAのプライベートIPアドレスに、5002ならコンピュータBのプライベートIPアドレスに変換するわけですね。

こうしてコンピュータAがWebサーバにアクセスしてデータを要求したら、返信データはしっかりコンピュータAに返ってくるわけです。

まとめ

  • NAPTはNATのパワーアップバージョン
  • NAPTは1つのグローバルIPアドレスで複数のコンピュータをインターネットに接続できる。
  • IPアドレス変換に加えてポート番号も変換する
papo-smile-icon-r.png
パポ

NAPTがあるから学校や家でたくさんのパソコンがインターネットに同時に接続できるんだね!

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

そうよ。身近に使われている技術だからイメージしやすいわね。