ラン

LAN

英語
Local Area Network
ひとこと解説
狭い範囲内でのネットワーク。

LANはローカル・エリア・ネットワークの略で、その名の通り、狭い範囲内のコンピュータ・ネットワークのこと。

具体的に言うと、家庭内や会社内などのグループの小さいネットワークを指します。

ちなみにインターネットのような広い範囲でのネットワークを「WAN(ワイド・エリア・ネットワーク)」といいます。

乱暴な考え方をすれば、インターネットがWAN、違うのがLANです。

考えるパポのアイコン
パポ

わたしたちが通ってるITスクールのネットワークもLANなの?

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

そうよ。わたしたちは学校が契約している回線を使ってインターネットに接続しているわ。学校内に小さなネットワークがあるの。

意味:LANとは狭いエリアでのネットワーク

LAN1

LANは家庭や会社内など、狭い範囲でのコンピュータのネットワークのことです。
イメージとしてはケーブルでつなげられるくらい。広くてもビル1つ、学校1つくらいの範囲です。

みなさんの家庭で、複数のパソコンやスマホがWi-Fiでインターネットにつながっているなら、それも立派なLANです。

離れた建物と建物をつなぐくらい大きい範囲でのネットワークはWANといいます。
たとえば東京支社と大阪支社が連絡をとるためのネットワークなど。

でも専用の回線をひくのはとてもお金がかかるので、インターネットで代用するのが主流となっています。
なのでインターネットもWANの一種だといわれることがあります。

  • LAN建物一つくらいの狭い範囲でのネットワーク
  • WAN遠く離れた建物と建物をつなぐくらい広いネットワーク

有線LANと無線LAN

LAN2

さて、LANはケーブルでつなげるくらいの範囲だと言いましたが、有線と無線の2種類があります。

有線LAN

LAN3

一昔前だと、パソコンがネットワークにつながるためには通信ケーブルを直接パソコンにつないでいました。

これを「有線LAN」といいます。
LANケーブルというものを聞いたことがある人も多いと思います。
そのLANケーブルをルータなどからパソコンに直接つなげている状態を有線といいます。

通信の規格として最も使われているのが、「イーサネット」ですね。

無線LAN

LAN4

最近はパソコンに直接ケーブルをつなぐことも少なくなり、無線(ケーブルをつながない)でネットワークに接続する「無線LAN」が主流となっています。

その名の通り線が無い状態でネットワークに接続できます。

スマホを持っていれば必ず耳にする「Wi-Fi」も無線LANのひとつです。

といっても、無線LANは通信が不安定というデメリットがあります。
「Wi-Fi気づいたら切れてる!」なんてことありますよね。

また、電波が建物外に漏れてしまうので、となりの建物のパソコンが受信してしまったり、ネットワークに侵入されるリスクがあります。なので、よりセキュリティに気をつけないといけません。

それに対して有線は、確実につないでいるので通信が安定して速度も速く、無線よりはセキュリティが安全です(完全に安全というわけではありません)。なので、まだまだ必要とされています。

  • 有線LANパソコンに直接ケーブルをつなぐことでネットワークにつながる。通信が安定しやすく速い。
  • 無線LANケーブルにつながずにネットワークにつながる。有線に比べて通信の安定性や速度が劣ることがある。セキュリティ面で不安がある。

まとめ

  • LANは建物一つくらいの狭い範囲のネットワーク
  • WANは距離が離れているコンピュータどうしをつなぐくらい広い範囲のネットワーク
  • 無線LANと有線LANの2種類がある
papo-think-icon-r.png
パポ

普段Wi-Fiを使ってインターネットしているけど、気をつけなきゃだね。

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

そうね。有線LANを選択することも一つのセキュリティ対策になるわ。