ハードディスク

ハードディスク

英語
Hard Disk Drive
別名
HD、HDD、内蔵ストレージ、ハードディスクドライブ
ひとこと解説
パソコンのデータを保存しておく記憶装置。

ハードディスクはデータという書類が入っている引き出しのようなものです。

ハードディスクはパソコンの中に入っていてデータを保存しておく重要なパーツです。人が作った書類データだけでなく、パソコンとして動くためのWindowsといったOSやエクセルといったソフトがここに全部しまわれています。

ururu-normal-icon.png
ウルルちゃん

全データが入っている大事なパーツなのよ

papo-smile-icon-l.png
パポ

ハードディスクがないパソコンは頭空っぽってことね!

意味:ハードディスクとはデータが詰まった引き出し

hdd1.png

ハードディスクはデータが詰まっている引き出しと考えてみましょう。

勉強をしようとして以前買っておいた参考書が必要になったとします。そういえば引き出しにしまってたな~と思い出し、引き出しから参考書を取り出すといったイメージです。

ハードディスクはパソコンだけでなくテレビのレコーダーとして出回ったりしてかなり一般的な物となりました。他にもゲーム機だったりWeb サーバーだったり、デジタルのデータにおいて重要なパーツとして活躍しています。

ハードディスクの仕組みとデータの読み書き

hdd2.png

ちなみにハードディスクはこんな感じです。CDのような円盤がありくるくる回してデータを管理する仕組みになってます。

ハードディスクは見てわかる通り精密な機械で、磁気ディスク、アーム、磁気ヘッド、アクチュエータ、スピンドルモーターといった色んな部品によって作られています。

1分間で5400回転や7200回転といった高速で回るディスク(プラッタ)が何枚も重ねてあって、データを読み書きする磁気ヘッドが動いています。なので、動いているハードディスクに耳を当てると”キュイィイン”といった回転する音が聞こえるのです。

hdd3.png

プラッタや円盤はデータの場所がわかるように複数のディスク(プラッタ)にそれぞれ順番付けされています。さらにディスク内をトラックとして分け、さらにさらにトラック内にセクタという一番小さく区分けされた部分があります。

シーク、サーチ、データ転送という流れでハードディスクに読み書きをしていきます。

  • シークアームを動かして内周・外周を行き来して目的のデータがある場所(トラック)へ移動します。
  • サーチトラックにある目的データがあるセクタを読み込みができるヘッドまで持ってきます。
  • データ転送到着したセクタの中にあるデータを読み込んだり書き込んだりします。

ハードディスクはこの「移動⇒持ってくる⇒データいじる」という3つの動作を繰り返し行っているというわけです。

イメージしてみよう

CDで音楽を聞く時に、聞きたい曲まで飛ばすのがシーク、早送りしてその曲内のサビまで待つのがサーチ、聞きたかったサビが流れるのがデータ転送といった具合です。

データの管理人はのんびり屋さん

hdd4.png

パソコンではCPUという人間の頭脳のような存在があれこれ命令してきます。必要となったデータをハードディスクが渡すわけですが、このデータを管理しているハードディスクさんとっても遅いんです・・・。

memory2.png

そこで登場するのがメモリという作業机のような存在。ハードディスクはメモリという机にとりあえず色々なデータを渡して広げさせます。こうして、のんびり屋のハードディスクはメモリを通してCPUとのやりとりをしています。

ハードディスクの寿命

hdd5.png

ハードディスクにも寿命があります。大事なデータが入っているハードディスクが壊れると多くの人の顔から血の気が引きます。さらにバックアップというデータのコピーをとってないと卒倒します。

一応、数十年は持つと言われていますが、酷使したりするとどんどん寿命は縮まっていき、衝撃などを与えるとすぐに壊れたり意外とデリケートなお方です。

予兆としてはパソコンをつけても立ち上がらないことがあったり、動作が重くなったりといったことがあります。

寿命を延ばすには

・湿度&温度管理
・空気清浄
・起動回数を少なめに

ということをすると延命することができます。熱くなりすぎないように冷却して、ホコリがたまらないようにすることが大事です。

パソコンの代表的な装置の関係

CPUイラスト画像4

パソコンは司令したり演算するCPU、プログラムなどの作業スペースであるメモリ、データをしまっておけるHDD(ハードディスク)で出来ています。

イメージしてみよう

CPU=人間の脳
メモリ=作業する机
HDD(ハードディスク)=引き出し

引き出し(HDD)から参考書を机(メモリ)に広げ、脳(CPU)を使って勉強するとします。

イメージしてみよう

CPU:頭の回転が良ければサクサク進みます。
メモリ:机が広いと参考書やノートなど様々なものを広げることができて作業がはかどります。
ハードディスク:引き出しが大きければそれだけ多くの物が入り、色々な道具や参考書をしまっておけます。

まとめ

  • ハードディスクはデータという書類が入ってる引き出し
  • パソコンの重要なパーツの1つ
  • ディスクをくるくる回してデータを管理している
papo-guruguru-icon-r.png
パポ

ハードディスクの真似をしてたら目が回っちゃった~・・・

ururu-normal-icon.png
ウルルちゃん

ハードディスクの領域に達したらフィギュアスケート選手として偉業を成し遂げられそうね