ファット

FAT

英語
File Allocation Table
ひとこと解説
昔のWindowsで使われていたファイル管理システム

FATは、本でいう索引のようなもので、ファイルがどこにあるかを調べてアクセスします。

パソコンで書類などを作るとファイルとして保存されます。その保存先はハードディスクなわけですが、その中のどこにファイルがあるかを管理するための仕組みです。本を本棚にポンポコ適当に入れていくのではなく、自分なりに整理整頓しているような感じです。

パポ

別に太ってるとかそういう意味じゃないのね

ウルルちゃん

ファイル・アロケーション・テーブルの略でFATよ

意味:FATとはWindowsで使われるファイル管理システム

FATはハードディスクやUSBメモリをフォーマットする時などに目にすると思います。File Allocation Table(ファイル・アロケーション・テーブル)の略となっていて、ディスクのどこに何のファイルがあるかを示すデータを使いファイルを読み書きすることから名付けられました。

FAT16やFAT32が有名で、現在はハードディスクやUSBメモリで使われています。内蔵ハードディスクだと現在はNTFSが主流となっています。