イーピーロム

EPROM

英語
Erasable Programmable Read Only Memory
ひとこと解説
データの消去と書き込みができるROM

EPROMは、コンピュータでデータの全消去や書き込みが何度もできるもの。

子供のおもちゃに磁気を使ったお絵かきボードがありますが、あのように何度も書いて消せるといったイメージなのがEPROMです。

パポ

これって普通のことなんじゃないの?

ウルルちゃん

書き込んで変更できない種類もあるのよ

意味:EPROMとはデータを消去して何度も書き込めるROMのこと

電源が入っていなくても記憶内容が消えない記憶装置で不揮発性メモリの一種で、ユーザーが何度も内容を書き換えできるのがEPROMの特徴です。データを書き換えられるため、一度だけ書き込みが可能で変更できないPROMに比べてプログラムの修正や仕様変更に対応しやすいです。そのため開発途中のプログラムを書き込んでテストする時などに使われることが多いです。

EPROMのデータ消去ですが、一部分だけということはできず全部丸ごと消去されるというのがポイント。

EPROMの種類

EPROMには、UV-EPROMとEEPROMというデータ消去の方法のち外で2種類のタイプに分けられます。

UV-EPROM(Ultra Violet Erasable PROM)

紫外線を当てて内容を消去してもう一度書き込める状態にするUV-EPROM。UVはウルトラバイオレット、つまり紫外線の略です。EPROMと言う場合はこちらを指すことが多いくらい有名です。

チップの上にガラス窓があり、ROMイレーサと言われる装置から直接紫外線が当てられデータを消すというもの。間違ってデータを消してしまわないように、普段はこの窓に遮光シールを貼っておくなどの必要があります。データの書き込みにはROMライターと言われる装置が使われます。電気によって書き換えができる方式が一般的になってきてから使われることは少なくなっています。

EEPROM(Electrically Erasable PROM)

電気的な方法で消去するのがEEPROMです。Eはエレクトリック、つまり電気的の略です。

ROMイレーサのようなデータを消すための装置がいらないというのがポイントで、チップを基盤に組み込んだままの状態でデータを書き換えることができるというメリットがあります。パソコンのBIOSやネットワーク機器のファームウェアに使われることが多かったのですが、今ではフラッシュメモリに置き換わってきています。

まとめ

  • データを全部消して何度も書き込める
  • 紫外線と電気的に消去する2種類のタイプがある
papo-normal-icon-r.png
パポ

パソコン関連には色んな種類のパーツがあるのね~

ウルルちゃん

そうね時代が進むにつれてどんどん進化していっているわ