ディーティーピー

DTP

英語
Desktop Publishing
ひとこと解説
コンピュータを使って出版物を作ること

DTPは、パソコンで小説を書いてプリンターで印刷する一連の作業のこと。

昔々は原稿用紙にインクを付けたペンで執筆作業をし、版下作成、出版などをそれぞれ専門の人が担当していました。が、現在はデジタル化が進んでパソコンのキーボードを打って執筆し、プリンターやスキャナといったものを組み合わせ机にある環境だけで1人でも印刷物を作ることができるようになりました。

パポ

とりあえず机だけで印刷できちゃうってことね

ウルルちゃん

ちなみにデザイナーやオペレーターといった職業が有名よ

意味:DTPとはコンピュータで印刷物を作成すること

DTPはデスクトップ・パブリッシングの略で、日本語にすると卓上出版と言います。

原稿の作成・編集からレイアウト、版下作成、印刷を全て机上で行うことをDTPと言います。組版や製版などをそれぞれ職人さんが行っていたのですが、コンピュータの登場によってこれら全てを1人でも行うことができるようになりました。

日本では1990年代前半から使われるようになって、現在では多くのソフトも登場し、電子書籍の作成など出版や印刷業界で欠かせない存在になっています。