ディー・エイチ・シー・ピー

DHCP

英語
Dynamic Host Configuration Protocol
ひとこと解説
パソコンやスマホに自動的にIPアドレスを割り当てる仕組み

DHCPは、どんな人でも簡単にインターネット接続ができるようになる仕組みです。

大したことないじゃん、と思うかもしれませんがネット接続の手動設定はIPアドレスやサブネットマスクなど数字がズラ~と並ぶので頭痛がする人も多いです。

パソコンをインターネットにつなぐという、実は結構面倒な部分を人間が意識していないところで自動でやってくれているのがDHCPです。

papo-daze-icon-r.png
パポ

えーと…マグロとかに多く含まれているやつだね?

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

それはDHAね。頭が良くなると言われているからあなたはたくさん摂った方がいいわね。

papo-dark-icon-r.png
パポ

こいつ…!(プルプル)

意味:DHCPとはIPアドレスを自動で割りててくれる仕組み

DHCP

元々、コンピュータにIPアドレスを割り当てるのは人間が手動でやっていました。1台、2台なら全然何とかなりますが、100台くらいになると手動で割り当てていくのはとても大変な作業です。

そこで、コンピュータに自動で割り当ててもらおうという仕組みができました。

それがDHCPという仕組みです。英語ではDynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック・ホスト・コンフィギュレーション・プロトコル)といいますが、特に覚えなくて大丈夫です。

今では一般家庭でも使われていて、DHCPのおかげで詳しくない人でも簡単にインターネット接続ができるようになりました。IPアドレスを手動で設定しているという家庭はほぼないと思います。

みなさんの家庭でも、パソコンを起動してすぐにインターネットに接続できるならDHCPがしっかり働いています。

DHCPサーバが担当している

DHCP

DHCPの機能を持っているコンピュータや機器をDHCPサーバといいます。IPアドレスを自動的にコンピュータに割り当ててくれるコンピュータですね。

家庭だとピンとこないかもしれませんが、家庭ではルータがDHCPサーバの機能を持っていて、自動的にIPアドレスを割り当ててくれています。

DHCPはIPアドレスを貸してくれる

DHCP

DHCPはIPアドレスを「あげる」のではなく、貸してくれます。

たとえば、1台のコンピュータがDHCPによってIPアドレスを割り当てられました。

一通りインターネットを楽しんで、パソコンをオフにしました。そしたらIPアドレスは一度回収されて、新しくインターネット接続しようとしているコンピュータにIPアドレスを割り当てたりします。

IPアドレスを一度回収して、使いまわしているんです。つまり、同じパソコンを使っていてもIPアドレスが変わることがあるということです。

遊園地のワンデーパスのようなもので、入ってる間はそのチケットが有効というイメージですね。

まとめ

  • DHCPは、コンピュータにIPアドレスを自動的に割り当ててくれる仕組み。
  • DHCPサーバが自動で割り当てている。
  • インターネットに接続したいコンピュータにIPアドレスを貸すだけなので、IPアドレスが変わったりする。
papo-normal-icon-r.png
パポ

DHCPがあれば、インターネットの接続する時にIPアドレスがどーたらとかやらなくていいから私でも楽ちん!

ウルルちゃんのアイコン
ウルルちゃん

手動でIPアドレスを設定していた時代は、パソコンが苦手な人にとってはインターネットに接続するのも一苦労だったからね。

インターネットが身近なものになったことの理由の一つとして、DHCPの存在も大きいと思うわ。