ブロードバンド

ブロードバンド

英語
Broad Band
ひとこと解説
従来の回線より早くなった通信回線

ブロードバンドは、すごく通信が速い光回線のこと。まさに光速。

ブロードバンドをそのまま訳すと「広い幅の帯」という意味になります。たとえば道路も、幅が広く車線が多いほうが通行がスムーズになり、短時間で多くの車が通過することができますね。

広い道路と同じように、ブロードバンドは短時間でより多くのデータを送ったり受け取ったりすることができます。

音楽や動画などの大容量データも気軽に楽しめるようになったので、一般家庭でインターネットが広く利用されるようになった要因の一つといえます。

ururu-normal-icon.png
ウルルちゃん

昔は通信速度が遅くてとてもインターネットする気にはなれなかったわ。

papo-daze-icon-l.png
パポ

…いくつです?

意味:ブロードバンドとは512kbps以上の高速な通信回線のこと

ブロードバンド

まず、回線のお話をしましょう。

普段、インターネットをしている時はあまり気にしたことがないかもしれません。でも実はインターネットと通信するための回線というものをつないでいるのです。

回線は、スマホやパソコンなどのコンピュータ機器と、インターネットをつなぐ道路のようなものです。このたとえだと、データは車です。

高速で大容量のデータを送ったり受け取ったりすることができる通信回線を「ブロードバンド」と呼びます。

反対に、低速で少しずつしかデータを送受信できない回線のことを「ナローバンド」と呼びます。

ナローバンド回線を利用していた時代は速度がとても遅かったので、インターネットですることはメールのやりとりやWebページを見るくらいです。

しかしブロードバンドの登場で、インターネット通信が高速になり動画や音楽などの大容量のデータをスムーズにインターネットで楽しめる時代になりました。

ブロードバンド回線の種類

ブロードバンド

インターネット回線は時代とともに、変化・成長してきました。

インターネット回線の種類

【おそい】ダイヤルアップ接続 ⇒ ISDN ⇒ ADSL ⇒ CATV ⇒ 光【はやい】

この中で、ADSLより前がナローバンド、ADSLからの回線がブロードバンドと呼ばれます。

現在主流なのはCATV(ケーブルテレビ)回線と光回線ですね。

一度は聞いたことがあると思います。 現在、家庭や企業で最も使われている回線は光だといわれているので、今私たちが使っている回線の多くはブロードバンドだということです。

まとめ

  • ブロードバンドはナローバンドに対して高速になった回線
  • 主なブロードバンド回線はADSL、CATV、光など
  • 最近の回線の多くはブロードバンド
パポ

うーん要するに高速な回線ってことね! もうフツーに高速回線って呼べばいいんじゃない?

ウルルちゃん

登場時は単純に「高速回線」と呼んでいたこともあったらしいけど、専門用語っぽいブロードバンドが浸透しちゃったみたいね。